マニアな人の為の機材紹介〜使用電気ベースの数々〜

カラス/スタインバーガー・シナプス

しーなとシュウでメイン使用するコンパクトな壱本。

長年、本家のスタインを欲しかったのだが叶わず、ついに入手したのがこのタイプ。廉価なわりには良い。それとやはりこのコンパクトさは、旅において重要なポイントとなる。これまでアトランシアで演ってゐた事も、これで出来るやうになり、その機動性の良さからも、最近は何処に行くのもこれを持って行く。

もとはフレットが付いてたのをモデファイしてあるらしひ。のでフレットラインが見えるが勿論フレットレス。本家スタインはボディ&ネックのグラファイト一体型だが、これは木製。

民族楽器みたいな見かけと音で、意外に気に入ってゐる。

これを背負ってチャリで走る姿が、広島市内でしばしば目撃されてゐる。

ヴァネッサ/アトランシア・ステルス・カスタム

26歳以降、これをメインに演って行く、と決めてからプロになった。以降完全にメイン楽器となり、どんな現場もこれ壱本だった此所数年しーシュではあまり使わなくなったが、やはりソロでのパフォーマンスはこれでないと、といふ部分は大きい。

音的にも感覚的にもクセの強い楽器だが、そのクセと共に技術を身に付けたので、この楽器でないと出来ない、といふのも多い。多分、オクターヴピッチなど、合ってないんぢゃないか、と思ふけど、気にしない。季節によっても鳴りや弾きやすさが変わるが、そこも気にしない。

25年間に渡って、ラウンドの110〜のセットから、現在の0.90〜フラットワウンドまで、様々な弦の遍歴と、日本全国〜メキシコへの旅までを耐え抜いたタフな相棒。

指板は黒檀。ハードな塗装で何度も塗り重ねてゐるので、スラップもバッチシ。

う"ぃお子/グレコ・ヴァイオリン・ベース

ぱんぱかトリオで使用。

ぢつはむか〜〜〜しから欲しかったヘフナーのヴァイオリンベース。のグレコ版。

「ロックにそれぁないやろ?」と周りから云はれシブシブ諦めてゐた10代の思ひを払拭すべく、ついに手に入れたグレコのコピーモデル。詳しいスペックは分からんが、おそらく70年代製と思はれる。

この時代のグレコなど国産楽器メーカーのモノには名機が多く、「サムライ・ベース」等とも呼ばれ寵愛されるケースも多い。これも確かにだいぶガタが来てゐるが、良い出来の楽器であると見受けられる。意外にもジャズにも向いてゐるが、なんつっても唄モノのバックをやると、そのハマり具合はピカいちで、ポール・マッカトニィ氏が、このテのを使い続ける理由も分かる気がす。

しかし、とてつもなく弾きにくい楽器で、親指弾きに特化させんとケガする怖れすらある。

縦べぇ/ランドマーク・UB

歳とって来たら縦ベースだな、と思ってゐた。晩年のいかりや長介さんのやうにシブくあれをキメたい、と。

んで、50になる歳を記念に購入。お茶の水の専門店で、吟味に吟味を重ねて購入。ぱんぱかトリオの3人で買いに行ったので、ぱんぱかトリオで使ってゐる。唄のカワちゃんにはたいへん好評。

縦のベースを弾くのは、200年ぶりくらいで、なかなか思ふやうには操れぬが、後半生の楽しみとしてぢみちに練習を重ねたいと思ふ。

完全なソリッドボディで、重い事はなはだしい。ピエゾとマグネット両方のピックアップが付いてゐるが、マグネットの方が音が良いので、そちらをメインにしてゐる。いづれ良いピエゾを追加したい、とも考へてゐるが・・・・。

愛人:白子/メーカー不明・プレシジョン型

生徒が粗大ゴミに捨ててあったのを拾って来て、ワシにくれた。元々フレットレスだったが、音は出ず、ネックも酷い状態だった。けっこうな値をかけてリペアし、ツイデに指板をメイプル(に近い白木)にしてもらった。

元来、プレベは全然なじみがなく、弾きにくい事はなはだしいが、意外にもロック系よりアクースティックなセッションにハマる。あまりの弾きにくさに、一時期は生徒に譲ることも考へたが、ブラックナイロンを張ってから、まぁまぁイケるやうになった。

カシラ(三代目春駒)とのデュオなどで時折登場。

元妻:ドゥナ/ムーンjj-190

学生時代に購入。持ってる中では一番古いベース。元の処が残ってないほど改造を重ねてゐる。PUは5回交換され、今はPJ+ピエゾの3PU。3ツあるノブはそれぞれのヴォリゥムのみ。

元はフレット付き。ムーンの特徴である「つば出し指板」は22Fまであり重宝してたがフレットレス化に際して、さらに2Fぶん延長。24F(相当)の指板と、それに伴うボディのカットが、異様な外観をかもしてゐる。

一時期は全部の回路をスルーにしてゐた。弦もありとあらゆるゲージを試し、「3弦仕様」になってゐた事も・・。ヴァネッサを弾き始めるまでは完全なメイン楽器。

今も気に入ってない事はないのだが、なんとなく使わない日々が続いてゐる。

子:あをぞう/フェルナンデスPie-Zo

シャレのつもりで買ったのだが、チープなピエゾPUのサウンドが、アクースティックで意外に良い。ただ純正弦はラウンドのザラつきがモロにピエゾに拾われ、耳障りなので使えない。細めのフラットワウンドをペンチでムリヤリ巻き付けて使用。

「子象に乗ってツアー」と称し、これ壱本で旅に出た事もある。その時のパフォーマンスは、いまだ各地で話題にされるほど、印象に残ってゐるらしひ。

今は撮影用。

ギター:ごだん

疑似アクースティックギターで有名なカナダのメーカー「ゴダン」のフルアコモデル。見た目のみで判断して買ったがなかなかヨイ。WADAバンドなどでギタリストを担当してゐたが、脱退後はギター弾き語り「吟」などで、低音側2ツにベースの弦を張り「バリトンギター」として使ってゐる。

昔はフラットピックでなんでも弾く少年、として面白がられたが、最近はピックはあまり使わず、指で弾く事が多い。ちなみにエレキギターはほとんど弾けず、何故か持った姿も絶望的にダサい。

ギターは他にオヴェーションのバラディア、同じくオヴェーションのガットなどを所有。いづれも低く調弦されてゐて、フツーの「アコギ」ではない状態。